しらさきクリニック

〒346-0032 埼玉県久喜市久喜新1180-1
TEL:0480-22-9900
/ FAX:0480-22-9901
代表メール:shirasaki-h.c@shirasaki-heart.jp
外来受付時間 8:30-11:30 / 13:30-16:30
外来診療時間 9:00-12:00 / 14:00-17:00
休診 日曜日、祝日

しらさきクリニック 呼吸器内科

対象となる主な疾患

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
  • 気管支喘息
  • 肺癌、結核健診の二次健診など

他、呼吸器系疾患で気になる点がある方はお気軽に受診ください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

?こんな症状はありませんか?

  • いびきがひどい
  • 寝ているときに呼吸が止まる
  • 疲れがとれにくい
  • 昼間の眠気、熟睡感がない
  • 夜間のトイレの回数が増える など

これらの症状を感じる方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている間に何度も呼吸が止まり、夜間に十分な呼吸ができなくなる病気です。
潜在患者は人口の2~3%と言われ、放っておくと高血圧や心臓循環障害、脳血管障害などに陥ると言われています。また、日中の眠気などのために、仕事に支障をきたしたり、居眠りによる事故の発生率を高めたりするなど、社会生活に重大な悪影響を引き起こします。
しかし、治療法が確立されているため、適切に検査・治療を行えば決して怖い病気ではありません。

検査について

1.簡易型による自宅検査

この検査では睡眠中の呼吸の状態、血液中の酸素飽和度などを同時に測定し、無呼吸低呼吸の有無を知ることが出来ます。
検査はご自宅で簡単に行う事が出来、この検査で一定以上の無呼吸が認められた場合、睡眠ポリグラフィ検査が必要となります。

2.精密型による入院検査(睡眠ポリグラフィ検査)

睡眠状態と呼吸状態を併せて判定する専門的な精密検査です。
脳波、呼吸状態、酸素レベル、体位、心電図などのセンサー類を体にとりつけて睡眠中の変化を正確に検査します。痛みもなく、睡眠状態が明瞭となります。
日頃ご家庭でお休みになるようにリラックスして検査をお受けいただきます。

治療について

C-PAP療法

睡眠中に鼻に取り付けた専用のマスクから気道に空気を送り込み、気道の閉塞を防ぐ治療法です。世界的にも安全性と治療効果が確認されており、現在、睡眠時無呼吸症候群の中~重度の患者さんでこの治療が第一選択となります。使用方法や治療管理につきましては、丁寧に指導しております。 健康保険でC-PAP治療を行うには、毎月1回の定期外来受診が必要になります。